反社会的勢力に対する基本方針

当社は、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」(平成19年6月19 日犯罪対策閣僚会議幹事会)及び「金融商品取引業者向けの総合的な監督指針」(金融庁監督局証券課)を踏まえ、反社会的勢力との一切の関わりを排除すべく、次の「反社会的勢力に対する基本方針」を宣言します。

組織としての対応

反社会的勢力による不当要求には組織全体で対応します。また、反社会的勢力からの不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

外部専門機関との連携

反社会的勢力による不当要求に備えて、警察や弁護士を始めとする外部専門機関との連携を図ります。

取引を含めた一切の関係遮断

反社会的勢力とは如何なる取引も行わず、その関わりが危惧される疑わしい案件には一切関与しません。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。万一、疑いのある取引の存在が判明した場合には、直ちに契約解消等の措置を講じます。

有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求には民事と刑事の両面から積極的な法的対応を行います。

裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力との裏取引、反社会的勢力に対する資金提供 、不適切・異例な便宜供与、金銭的解決は一切行いません。